作家別アーカイブ: 遠藤拓人

遠藤拓人展「毎日はすこしだけかなしい」

「チョークの粉」©Takuto Endo

2019年3月25日(月)〜3月30日(土) 遠藤さんとの出会いは2004年に開催した装画コンペvol.4でのMAYA賞受賞がきっかけでした。 新聞や文芸誌の挿絵や書籍装画などイラストレーションだけでなく、写真やデザイン … 続きを読む

カテゴリー: 2019アーカイブ, MAYA | タグ: , |

2019年3月25日(月)〜3月30日(土)
遠藤拓人個展「毎日はすこしだけかなしい」

© Takuto Endo

濡れた葉と霞ガラスにあたる光、電車と、遠くでした誰かの声。 憂鬱の残滓。自分とは無関係のむこう側の世界。 ひとり、吹く風に救われた午后。 日常の景色と夢日記を展示します。 1979年東京都生まれ。第4回ギャラリーハウスM … 続きを読む

カテゴリー: 2019年, 3月, MAYA, スケジュール | タグ: , |

遠藤拓人

© Takuto Endo

「蠱惑」(こわく) 遠ければ憧れて 触れれば手にあまり 寄り添えば訝しむ 有用無用の是非もなく 命の螺旋にあぶれた魂 僕は観客、君は誰 ピエゾグラフ・エディション10/額・外寸305×395mm 作品に関するお問い合わせ … 続きを読む

カテゴリー: MAYA | タグ: , , , |

遠藤拓人挿絵原画展「竜は動かず 奥羽越列潘同盟顛末」

endo

2016年5月16日(月)〜5月21日(土) ちょうど3年ぶりの遠藤さんの個展です! 2014年から1年間、東奥日報、千葉民友ほか地方紙各紙に掲載された新聞連載小説挿絵の原画展。 『竜は動かず 奥羽越列藩同盟顛末』上田秀 … 続きを読む

カテゴリー: 2016アーカイブ, MAYA | タグ: , |

2016年5月16日(月)〜5月21日(土)
遠藤拓人挿絵原画展「竜は動かず 奥羽越列潘同盟顛末」

© Takuto Endo

2014年〜2015年にかけて東奥日報、千葉民友ほか地方紙各紙に掲載された、上田秀人氏の新聞連載小説『竜は動かず 奥羽越列潘同盟顛末(全380回)』の原画展です。挿絵とともに下絵等も展示させて頂きます。 1979年生まれ … 続きを読む

カテゴリー: 2016年, 5月, MAYA, スケジュール | タグ: , |

遠藤拓人

© Takuto Endo

「雷槌ミュルニル」 (額外寸:W: 300mm x H: 397mm – ピエゾグラフ)¥24,000 作品に関するお問い合わせは、電話とメールで承ります。 メールの場合、ご返信が遅れる事もございますので、ご … 続きを読む

タグ: , , |

遠藤拓人

© Takuto Endo

DOUBLE WINDOW 『ふたつの柱』 『仕事』と『恋愛』、 人生のふたつの柱。 左右の絵でアイテムが対比になっています。 ふたつの窓の違いを、 皆様の解釈で読み解いてもらえると嬉しいです。 https://www. … 続きを読む

タグ: |

遠藤拓人写真展「ontology」

© Takuto Endo

2013年5月13日(月)〜5月18日(土)MAYA2同時開催 イラストレーションと併行して写真作品を制作し続けてきた遠藤さん。 MAYAとMAYA2の二つのスペースを使った初の写真展です。 ontology (=存在論 … 続きを読む

カテゴリー: 2013アーカイブ, From MAYA, MAYA, MAYA2 | タグ: |

5月13日(月)〜18日(土)
遠藤拓人展「ontology」

© Takuto Endo

ontology=存在論は哲学用語で 『存在の存在を存在をもって証明する』という考え方です。 それは、まさに写真機の機能そのもののように感じます。 「私は確かに見た」と捕らえた像は、 実は故意に切り取られた現実の断片でし … 続きを読む

カテゴリー: 2013年, 5月, MAYA, MAYA2, スケジュール | タグ: , |

Library(装画を描くコンペティションvol.4)

04-a

グランプリ 加ト祐哉 装丁:池田進吾 準グランプリ 植田馨介 装丁:大森賀津也 池田進吾賞 北村友紀 装丁:池田進吾 大森賀津也賞 翠川祥子 装丁:大森賀津也 高柳雅人賞 山田緑 装丁:高柳雅人 MAYA賞 遠藤拓人 装 … 続きを読む

タグ: , , , , , , |