装画コンペ Vol.21 応募要項


【テーマ】
本の装画を自分のイメージで描く。
この場合の「装画」は、ブックカバーのための「イラストレーション」とお考えください。
作品中にタイトル、著者名などをデザインする必要はありません。

【課題作品】
下記のいずれかを最低1冊入れてご参加ください。
2点以上でご応募の場合、他の出品作品には好きな本をご自由にお選びいただけます。
(今回は審査員の方にも一冊ずつ選んでいただいています。)


「あしながおじさん」(J・ウェブスター)
「ガリヴァー旅行記」(J・スウィフト) 
「ナイン・ストーリーズ」(J.D.サリンジャー) 
「吾輩は猫である」(夏目漱石)
「ビルマの竪琴」(竹山道雄)
「橋ものがたり」(藤沢周平) 

【審査員】
二宮由希子(デザイナー/イラストレーター)
1964年生まれ。セツ・モードセミナー、パレットクラブスクール、鳥海修氏の文字塾卒業。TIS会員。新潮社装幀室勤務。『小島』ほか小山田浩子氏の諸作、『チェレンコフの眠り』ほか一條次郎氏の諸作などを装幀。『山椒魚』(井伏鱒二)、『くすぶり中年の逆襲』(錦鯉)などのサカナ系も。

藤田知子 (ブックデザイナー)
桑沢デザイン研究所Ⅱ部ビジュアルデザインコース卒。卒業後、坂川事務所に10年ほど勤めたのち、独立。文芸、エッセイ、児童書、実用書、絵本、コミックなど様々なジャンルの本のデザインを手がける。イラストレーター向けの装画ワークショップ、読書会の運営などに携わっている。装丁の主な作品に、群ようこ「パンとスープとネコ日和」シリーズ(角川春樹事務所)、田丸雅智『ショートショート列車』(光文社文庫)、ユーディト・W・タシュラー『誕生日パーティー』(集英社)などがある。

宮古美智代 (デザイナー/アートディレクター)
イラストレーター・石倉ヒロユキ、装幀家・緒方修一のアシスタントを経て、現在フリーランス。主な仕事に雑誌『Coyote』『MONKEY』『暮しの手帖』のアートディレクションのほか、書籍『戦時の愛』マシュー シャープ 、『死ぬまでに行きたい海』岸本 佐知子、『オーギー・レンのクリスマス・ストーリー 』ポール オースター(SWITCH PUBLISHING)『翻訳目錄』阿部大樹・タダジュン(雷鳥社)のブックデザインなど。/span>

大矢麻哉子 (ギャラリーハウスMAYA)
1987年ギャラリーハウスMAYAを設立。2001年より毎年「装画を描くコンペティション」を開催。

【賞】
グランプリ受賞者は、2023年2月ギャラリーハウスMAYAにて個展
準グランプリ+審査員受賞者は、同時期MAYA2にてグループ展

MAYAウェブサイト内artistページに各受賞者ページ作成(後に作家自身による更新も可能)。
受賞者展以降の個展の際には優遇など、バックアップに努めます。 

【著作権】
本人に帰属

【資格】
不問

【作品】
●課題作品1点を含め、1人4点まで。

●B3(364 × 515mm)以内のサイズで、額装不要。
保管の都合上、規定内のサイズ(台紙含む)でお願いいたします。

●画材、技法は自由。(立体作品は不可。但し、撮影後プリント等であれば可)
木製パネルの場合は厚さ20mm程度で。

●作品の裏には、必ず以下明記してください。
応募票のコピー貼付でも可。その場合は提出用も別にご用意ください。)
(1)お名前 (2)本のタイトル (3)著者名

【審査・発表】
審査後、グランプリ、準グランプリ、各審査員賞受賞者には電話で連絡。(2022年8月上旬予定)
その他の方には搬出時に通知。8月中旬頃にはMAYAホームページでも発表します。

【応募料】
¥2000  1点増えるごとにプラス¥1000 一人4点まで。
(ex. 4点出品の場合は¥5000となります。)

【作品の保護】
●作品には必ず、透明なフィルムやビニール等をご使用の上、各自で保護を行ってください。
審査の際は、お預かりした状態のままで作品を拝見いたします。
(トレーシングペーパーなど不透明なものは不可)

●小作品や薄い紙に描いた作品は破損紛失防止のために
必ず台紙(B3以内)をつけて保護をしてください。
木製パネルもOKです。

●作品の扱いには十分気をつけますが、万一破損汚損した場合はご容赦願います。

【作品搬入出】
●直接搬入
2022年7月24日(日)、25日(月)、26日(火)のいずれかの12:00〜7:00pmの間。
応募票を持参の上、直接ギャラリーへ搬入してください。
応募料はその際にお支払いいただきます。


●郵送による搬入

同年7月12日(火)〜26日(火)の期間内必着で、応募票を同封の上、郵送してください。
応募料は「書留郵便」もしくは 「定額小為替」(作品,応募票との同封可。受取人欄は無記入)で7月26日までにお送りください。(作品保護を十分にした上で、なるべく簡易包装にしていただけると有り難いです!)


●直接搬出

9月7日(水)〜16日(金)(11日の日曜は除く)の12:00〜7:00pmの間にギャラリーへお出かけください。


●郵送による搬出

搬入時に必ず「着払い伝票」と梱包材料を同封、またはご持参ください。
その際、着払い伝票の返送先にはご自分の住所を、依頼主欄にはギャラリー住所をご記入ください。
返却をお急ぎの方は郵送の搬出を指定ください。(ご返却は8月後半の予定です。)


●期間内の搬出が無理な方、もしくはプリント作品などで返却ご不要の方

搬入日または搬出期間内に必ずお申し出ください。
一ヶ月を過ぎてもご連絡のない場合、作品は処分させていただくことになりますのでご了承ください。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
E-mail:galleryhousemaya@gmail.com