nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image

2019年11月11日(月)〜11月23日(土)
牧野千穂展「森に隠す」

日曜休廊/土曜・最終日は17時まで

「椅子を数える」©Chiho Makino

「椅子を数える」©Chiho Makino

たくさんのものが集まることで、見えてくるものもあれば、
見えなくなるものもある。
大事なことが埋もれて、紛れているかもしれない。
木の葉を隠すなら森のなか、です。

絵本、児童書、SFやファンタジー、ミステリー小説など、
いろいろな本に絵を描いています。
仮想と現実、虚実に拘らず、物語の中でいろいろな場面に立ち会います。
同じものを見ても「私」と「あなた」、「敵」と「味方」で
見えるもの、感じるものが違う。
表と裏、内と外、見ている場所で受け取るものが違っている。
そんなことをよく考えます。

*7月刊の絵本「ちびねこのチュチュと、スプーンの赤ちゃん」(岩崎書店)
の原画も展示します。

京都精華大学美術学部デザイン科卒業
2001年 ギャラリーハウスマヤ装画コンペVol.1 準グランプリ
2003年 TIS公募プロ部門銀賞
2009年 講談社出版文化賞さしえ賞
絵本「うきわねこ」にて2012年産経児童出版文化賞ニッポン放送賞
パステルによる独特の世界で、書籍の装画や挿絵を数多く手がける。

牧野千穂artistページ

カテゴリー: 11月, 2019年, MAYA, スケジュール, 今週の展示 | タグ: , |

吉山はるか展「逢瀬」

2019年10月14日(月)〜10月19日(土)
IMG_1204

岡山を拠点に活動する吉山さんの初めての個展です。
甲南女子大学在学中は花井正子さんに師事。
現実から離脱したような幽玄な世界が描かれました。

「逢瀬」 © Haruka Yoshiyama

「逢瀬」 © Haruka Yoshiyama

何某かと出会い、繰り返し見える事で自分が僅かにでも変化、変質する。
それは人間同士に限らず、様々な事象にも当て嵌まると思います。
そういった逢瀬をテーマに描きました。
短編小説集「逢瀬」も書き、その原画をメインに展示します。

「蓮」“紅葉狩り”より © Haruka Yoshiyama

「蓮」“紅葉狩り”より © Haruka Yoshiyama

「山躑躅」“けぶる山”より © Haruka Yoshiyama

「山躑躅」“けぶる山”より © Haruka Yoshiyama

「甘露」“雲母”より © Haruka Yoshiyama

「甘露」“雲母”より © Haruka Yoshiyama

「道行き」 © Haruka Yoshiyama

「道行き」 © Haruka Yoshiyama

「榊」“春に蛇”より © Haruka Yoshiyama

「榊」“春に蛇”より © Haruka Yoshiyama

“赤いジェリー”より © Haruka Yoshiyama

“赤いジェリー”より © Haruka Yoshiyama

絵では虫と植物のクローズアップを中心にご覧いただきましたが、一緒にご覧いただいた短編小説集でも目を見張る表現力を発揮していた吉山さん。
古風な言葉の運びと、ご本人の若々しい雰囲気のギャップに多くの方が驚かれていました。
しばらくは絵も文章も両立させていきたいとのことで、今後の展開が楽しみな作家でした。

instagram
twitter

カテゴリー: 2019アーカイブ, MAYA | タグ: |

ヒロミチイト展「telepathy ~テレパシー」

2019年10月7日(月)〜10月13日(日)
michiito

MAYAの頼もしいスタッフでもあるヒロミチイトさんが5年ぶりの個展を開催しました。
台風19号上陸で交通機関停止のため12日(土)は休廊、代わりに13日(日)を最終日としてオープン。
写真は日曜の朝、台風に備えての保護材なども全て片付けてギターを弾きながらお客さまをお待ちする作家の様子です。

「のびる影」© Hiromichiito

「のびる影」© Hiromichiito

最近はデジタルの仕事の印象が強いようだから、今回はしっかりと油絵と向かい合って描いたものを観てほしい、と18点の絵が並びました。

「黒いコートの女 Woman in Black」© Hiromichiito

「黒いコートの女 Woman in Black」© Hiromichiito

「かくされたまち From NYC to JFK」© Hiromichiito

「かくされたまち From NYC to JFK」© Hiromichiito

「真夜中のひみつ」© Hiromichiito

「真夜中のひみつ」© Hiromichiito 

「車のレストラン Gas station」© Hiromichiito

「車のレストラン Gas station」© Hiromichiito

ハレーションを起こしたような陽射しの中に落ちる影、静寂に満ちた闇を照らす街の灯りなど画面の中の陰影を得意とするミチイトさん。
細部まで描きこむ描写力を敢えて抑制し、描き込み過ぎないことで生まれた軽快な空気感が新たな表現の拡がりを予感させる展覧会になりました。

■artistページ
■maya storeでもご紹介しています。

カテゴリー: 2019アーカイブ, MAYA | タグ: , |

2019年12月16日(月)〜12月24日(火)
篠崎三朗展「天使たちのクリスマス」

MAYA2同時開催/会期中無休/土,日,最終日は17時まで。

© Mitsuo Shinozaki

© Mitsuo Shinozaki

1年の終わり、さまざまな天使たちがギャラリーでお待ちしております。
MAYA2同時開催:新作絵本原画展『少年の太鼓』(作・くすのきしげのり/星の環会刊)

1937年福島生まれ。桑沢デザイン研究所グラフィック専攻科卒業。
現代童画会ニコン賞、高橋五山絵画賞受賞。教科書のアートディレクションを数多く手懸ける。
絵本、児童書の挿絵など多数出版、『おおきいちいさい』講談社、『あかいかさ』至光社、『なみだがポロロン』童心社、『おおきな、おおきなたまご』ぎょうせい、『みかづきのさんぽ』チャイルド本社、『いろいろサンタのプレゼント』草土文化、そのほか。
日本児童出版美術家連盟会員。

http://www.tis-home.com/mitsuo-shinozaki

カテゴリー: 12月, 2019年, MAYA, MAYA2, スケジュール | タグ: |

2019年12月9日(月)〜12月14日(土)
松成真理子展「日々(にちにち)」

© Mariko Matsunari

© Mariko Matsunari

いままで描きためたさし絵の仕事や、日々のらく描きのようなものを展示いたします。

大分県生まれ。
京都芸術短期大学(現、京都造形芸術大学)卒業。
『まいごのどんぐり』(童心社)で第32回児童文芸新人賞受賞。主な絵本に『ふでばこのなかのキルル』『じいじのさくら山』(ともに白泉社)、『ぼくのくつ』『せいちゃん』(ともにひさかたチャイルド)、『ころんちゃん』(アリス館)、『たなばたまつり』『きんぎょすくいめいじん』(ともに講談社)他、『かさじそう』『はなさかじいさん』『手ぶくろを買いに』など、昔話や童話の挿絵、紙芝居も数多く手がけている。

カテゴリー: 12月, 2019年, MAYA, スケジュール | タグ: |

2019年12月2日(月)〜12月7日(土)
たなか鮎子展「クリスマスマーケットのふしぎなよる」原画展

MAYA2

© Ayuko Tanaka

© Ayuko Tanaka

はじめて訪れたクリスマスマーケット。
ヨハンは、困りはてたお星さまとくるみわり人形に出会います……。
ドイツで暮らした経験をもとに描いた新作絵本の原画やオーナメントを展示いたします。

「クリスマスマーケットのふしぎなよる」 (作・たなか鮎子 講談社 刊)

「クリスマスマーケットのふしぎなよる」
(作・たなか鮎子 講談社 刊)

たなか 鮎子
1972年福岡県生まれ、宮城県に育つ。ロンドン芸術大学チェルシー校大学院修了。デザイン会社勤務を経て、個展を中心に活動中。2000年ボローニャ国際児童図書展の絵本原画展入選。おもな絵本に『フィオーラとふこうのまじょ』『うらしまたろう』(文/令丈ヒロ子)『マルーシカと12の月』(文/かんのゆうこ)『針つくりの花むこさん』(文/瀬戸内寂聴 以上、講談社)『かいぶつトロルのまほうのおしろ』(アリス館)など。書籍装画に『1リットルの涙』(幻冬舎)『数学ガール』(SBクリエイティブ)『幼子に聞かせたい おやすみまえの365話』(ナツメ社)などがある。パリ在住。

たなか鮎子artistページ

カテゴリー: 12月, 2019年, MAYA2, スケジュール | タグ: |

2019年11月25日(月)〜11月30日(土)
鈴木伸展「夜の讃歌」

@MAYA2

© Shin Suzuki

© Shin Suzuki

この展示ではテンペラ油彩の混合技法で描いた作品と、リトグラフによる版画作品を出品しております。
古典技法を基としており、そこに描かれるテーマは「夜」に潜む物語りです。
作品の絵肌とともに会場でご観覧下さい。

1961 静岡県清水市生まれ
多摩美術大学美術学部絵画科日本画専攻卒
WIENER MALSCHULEでテンペラ油彩の古典混合技法を学ぶ
UM EDITIONでリトグラフを学ぶ
テンペラ油彩、リトグラフ、コラージュ、鉛筆画などの作品を発表
埼玉県新座市在住

カテゴリー: 11月, 2019年, MAYA2, スケジュール | タグ: |

2019年11月25日(月)〜12月7日(土)
深瀬優子展「箱庭姉妹」

日曜休廊/土曜・最終日は17時まで

© Yuko Fukase

© Yuko Fukase


油彩を薄く何層にも塗り重ねながら、物語を紡ぐ様な気持ちで一枚の絵を描いています。
現実と少し隔たりのある好きな物だけ詰め込んだ箱庭みたいな小さい世界が好きで、
そんな小さな世界に遊ぶ姉妹を描きました。親友であり自分を写す鏡の様な存在でもある
姉妹、箱庭では少女と兎、鴉や猫や他の動物達とも姉妹です。
描かれた姉妹たちの物語を想像しながら楽しんで頂けたら嬉しいです。


MAYAでの個展は7年ぶり4回目となります。是非ご高覧ください。


1967年 神奈川県生まれ
油彩とアルキド樹脂絵具の混合技法作品を制作。
個展、グループ展での作品発表を中心に活動。近年台湾でのアートフェアにも出展。
画集「Kingdom of Daydream -午睡の王国-]2014年アトリエサードより刊行。


個展
2002年 「昨日の子供たち」ペーターズギャラリー
2004年 「夜間遊泳」ギャラリーGK
2006年 「蜜の刻」ギャラリーハウスMAYA
2008年 「迷いの森の赤ずきん」ギャラリーハウスMAYA
2012年 「午睡図書館」ギャラリーハウスMAYA
2016年 「箱庭詩集」スパンアートギャラリー
2017年  台北 宣藝術にて個展
2018年 「あまい森」バブーシュカ
2019年 「箱庭でダンス」コトリ花店


その他グループ展多数参加


深瀬優子artistページ

カテゴリー: 11月, 12月, 2019年, MAYA, スケジュール | タグ: , |

2019年11月4日(月)〜11月9日(土)
小林ゆき子絵本原画展

© Yukiko Kobayashi

© Yukiko Kobayashi

いろいろな世界の絵本を描きました。絵本と合わせて原画を楽しんでいただけると嬉しいです。
展示作品「グリム童話 みつばちの じょおう」(ひかりのくに)、「アンデルセン童話 ゆきの じょおう」文・岡信子(世界文化社)、「おいしい おひなさま」文・すとうあさえ(ほるぷ出版)、「さくらんぼ たべたい!」(チャイルド本社)「くろくまくんの きの おうち」(フレーベル館)ほか。

1977年生まれ。千葉県在住。イラストレーター、絵本作家。
主な作品に「くろくまくん」シリーズ(フレーベル館)、『おつきさまはどこいった?』『うみまでいけるかな?』(以上、チャイルド本社)、『おいしいおひなさま』(ほるぷ出版)、『ポーリーちゃんのポケット』(教育画劇)、『ハロウィンのランプ』(岩崎書店)、『ぴーかーぶー!』(くもん出版)、「くろくまくん」シリーズ、など。


https://kobayashiyukiko.theblog.me

カテゴリー: 11月, 2019年, MAYA, スケジュール | タグ: |

楯川友佳子展「10月のエスケープ」

2019年9月30日(月)〜10月5日(土)
y_tatekawa

楯川さんの2年ぶりの個展です!
画材をいつもの版木やガッシュからパステルに持ち替えて描かれました。

© Yukako Tatekawa

© Yukako Tatekawa

「今回描いたのは退屈な日常からちょっとだけエスケイプした少年の一日です。
主人公の少年になったつもりで自由に描いているうちに、自然とパステルでの表現になりました。」
(コメントより)

© Yukako Tatekawa

© Yukako Tatekawa

一点一点にタイトルや言葉の説明はないけれども、ある秋の日の少年の揺れる心模様と時間の流れがみえてくるように作品が並べられました。

© Yukako Tatekawa

© Yukako Tatekawa

展覧会タイトルは、今年展覧会が続いて忙しかった楯川さんの心境なのでしょうか。
個展の前には「いつもと同じことはしたくない」とおっしゃっていました。

© Yukako Tatekawa

© Yukako Tatekawa

そうして、敢えて画材を変えてみることにしたのだそう。
いつもと異なる雰囲気に驚かれる方も多くいらっしゃいましたが、版画では見ることの少なかった色彩(例えば赤とか)が画面の中で印象的に登場したり…と、楯川さんご本人も新鮮さと解放されるような気分を味わうことができたようです。

© Yukako Tatekawa

© Yukako Tatekawa

今後もパステルで描き続けるかわからないとのことでしたが、「これまで」と「これから」の間でバランスを取る楯川さんの「いま」をみることのできた一週間でした。

楯川友佳子artistページ

カテゴリー: 2019アーカイブ, MAYA | タグ: |