nivo slider image nivo slider image nivo slider image

2022年11月28日(月)〜12月3日(土)
石田加奈子/9展「MILLION DOLLER BABY 100/9」

©️ Kanako Ishida /9

©️ Kanako Ishida /9

今回の展示は、ただ好きで描いただけでなく、
泣いたり怒ったりまたは慰められるように描いた作品達です。
よろしくお願い申し上げます。


石田加奈子/9 artistページ

カテゴリー: 11月, 12月, 2022年, MAYA, スケジュール, 今週の展示 | タグ: , |

新型コロナウイルス感染症への対策として

.
(8.18更新しました)
【ギャラリーハウスMAYA及びMAYA2の取り組み】
・各スタッフは来廊前に検温し、体調変化の有無の確認をいたします。
・マスクを装着した状態で接客させていただきます。
・お客様とスタッフの手が触れる箇所の消毒に努めております。
・定期的な換気を行い、気候によってはドアを開放したままにいたします。
・スタッフによる接客が必要な場合は、適切な距離を保ちます。


【ギャラリーにお出かけいただく際のお客様へのお願い】
・発熱やだるさ、体調変化のあるお客様はご来店をご遠慮いただきますようお願いいたします。
・14日間以内に海外へ渡航した方や滞在していた方、またはその様な方と濃厚接触をされた方は、ご来廊をご遠慮いただきますようお願いいたします。
・極力、少人数でお越しください。
・混み合った際には、入場をお待ちいただくこともあります。
・マスク着用のご協力をお願いいたします。
・入口にもスプレーを設置しておりますので、手指の消毒除菌にご協力ください。

お客様及びスタッフの健康と、安心して絵をご覧いただくために、今後も必要な対策を講じて参りますので、ご不便をお掛けすることもあるかもしれませんが、何卒ご理解ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

Please be cooperative for the following regulations due to the COVID-19 measures.
When visiting to Gallery house MAYA and MAYA2:


1, Please wear a face mask at all times.


2, Please disinfect with hand sanitizer installed at the gallery entrance.


3, If anything mentioned below applies to you, please refrain from visiting:

-If you have fever, cough, soar throat, new loss of taste / smell or if you feel sick (our staff may ask you to leave if you seem ill).

-If you arrived from the country or an area with a widespread outbreak, in last two weeks.


4, Please come with as few people as possible.


5, Please keep enough distance between others, and refrain from talking loudly.


Thank you for your understanding and cooperation.

カテゴリー: From MAYA, MAYA |

2022年12月12日(月)〜12月24日(土)
出久根育 個展

土曜・最終日は17:00まで。日曜休廊。
初日(12日)のみ、ご予約制とさせていただきます。
詳細はページ下部をご覧ください。

©️ Iku Dekune

©️ Iku Dekune

プラハを拠点に、絵本作家、画家として活動。
今回はドローイングやテンペラ作品などを展示いたします。
是非ご覧ください。


1969年東京都生まれ。武蔵野美術大学卒業。
『あめふらし』(偕成社)で2003年BIB(ブラティスラヴァ世界絵本原画展)のグランプリ、『マーシャと白い鳥』(偕成社)で2006年日本絵本賞大賞を受賞。2022年チェコにてイジー・トルンカ賞受賞、その他、絵本に『おふろ』(学習研究社『十二の月たち』『おふとんのくにのこびとたち』(偕成社)『ペンキや』『ワニ』(理論社)『もりのおとぶくろ』(のら書店)『Živá voda』『Zachráněné vánoce』『kocourkův den』(Albatros)、読み物の挿絵に『わたしたちのぼうし』『ルチアさん』(以上フレーベル館)『グリム童話集 上・下』『火の鳥ときつねのリシカ』(岩波書店)、エッセイ集『チェコの十二ヶ月ーおとぎの国に暮らすー』(理論社)など多数の作品がある。
チェコ・プラハ在住。

初日以外はご予約の必要はありません。混み合った場合は入場をお待ちいただくこともあります。

◯1枠 45分/6人迄
メールでご予約のうえ、お出かけください。
(ご予約がない場合は、ご入場をお断りすることもありますのでご注意ください。)

◯ご予約方法
受付開始:2022年12月1日(木)13時〜
galleryhousemaya@gmail.com


以下をお知らせください。
・メールの件名:出久根育展予約
・お名前(フリガナ)/1メールにつき1名様まで。
・お電話番号/当日ご連絡可能な番号でお願いします。
・ご希望のお時間/第1〜第3希望までお知らせください。
 ①12:00〜 ②13:00〜  ③14:00〜 ④15:00〜 ⑤16:00〜 ⑥17:00〜 ⑦18:00〜


◯作品のご予約について
・初日は、お一人様につき1点のご予約でお願いいたします。
・複数の作品をご希望の場合
 13日(火)以降にお出かけいただくか、メールでご対応させていただきます。

ご希望の時間のご予約がとれない場合もありますので、ご了承ください。
受付が完了しましたら折返しご連絡をさせていただきます。

(土曜夜間から日曜にいただいたメールには、月曜の午後に順次ご返信いたします。)

◯こちらの情報は更新してまいります。状況によっては変更することもあるかもしれません。
MAYAのSNSでもお知らせいたしますので、合わせてご確認ください。


◯当日は、マスクの着用と、ご入場の際の手指の消毒をおねがいいたします。
(MAYAの「新型コロナウイルス感染症への対策」については コチラをご覧ください。)


ご面倒をおかけいたしますが、どうぞご理解ご協力のほど、よろしくおねがいいたします。

カテゴリー: 12月, 2022年, MAYA, スケジュール | タグ: |

2022年12月5日(月)〜12月10日(土)
長田結花展「おさなあそび」

©️ Yuka Osada

©️ Yuka Osada


過ぎ去った日々、戻らない時代のなかにあるかけがえのないものを、
確かめるような思いで、子どもたちの絵を描いています。
そうして出来た描き下ろしの作品と、
近年手がけた挿絵など、仕事の原画をあわせてご覧いただきます。


長田結花ページ

カテゴリー: 12月, 2022年, MAYA, スケジュール | タグ: |

2022年11月17日(木)〜11月26日(土)
丹野恵理子展「Grimm」

土曜・最終日は17:00まで。日曜休廊。

©️ Eriko Tannno

©️ Eriko Tannno

グリム童話のワンシーンを銅版画にしました。
ちょっと怖いけど覗いてみたい、そんなグリムの世界を感じていただけたらと思います。
銅版画での個展は5年ぶりになります。
その他、描きためた新作版画も展示します。


丹野恵理子artistページ

カテゴリー: 11月, 2022年, MAYA, スケジュール | タグ: |

2022年11月7日(月)〜11月16日(水)
平岡瞳展「あきぞら」

土曜・最終日は17:00まで。日曜休廊。

©️ Hitomi Hiraoka

©️ Hitomi Hiraoka

秋の空が好きです。
すがすがしい朝の青空、
高い空に白い線を引いたような飛行機雲、
銭湯へ行くときに見たオレンジ色の夕暮れ、
建物の隙間から見えた夜空の月。
ふと見たときに、ほっとさせてくれる秋の空を描きました。


平岡瞳artistページ

カテゴリー: 11月, 2022年, MAYA, スケジュール | タグ: |

2022年10月31日(月)〜11月5日(土)
ひらてるこ展「るるるてん2」

©️ Teruko HIra

©️ Teruko HIra


1年半前のGallery House Maya での個展を切掛に生まれた絵本『ことりになったら』の原画を中心に、
今年発売された3作品の原画を展示いたします。


『ことりになったら』は、私自身の子どものころの体験を元に描いています。
ある日突然、「病気ですよ、入院ですよ」と大人から告げられて始まった病院での生活。
その中にも、たくさんの暖かい思い出や、容赦ない喧嘩、成長がありました。
医療者の方や親兄弟の愛情に囲まれて、心が辛いことや寂しいことはなかったと思います。
大人になってから、偶然に再会した、当時同じ病室にいた友人と
「手術の跡は、ぼくらの命の勲章だよね」と言った言葉を今も時々思い出します。


ひらてるこプロフィール
日本児童出版美術家連盟会員(https://www.dobiren.org


黒井健氏に絵本を学ぶ。主な絵本作品『こぶたのスースーむくむくゆきのひ』『こぶたのスースーふんわりくものうえ』『ほしふりやまのバフとパフ』『ぴょうんぴょんこいのぼり』『おつきさまたべちゃった』『ねことさつまいも』他(世界文化社)『おもちまん』『ごしごしあわあわ』『こもりうた』『きらきらぼし』他(学研)『おとひめさまがくれたねこ』(すずき出版)『ましろはなかない』(音楽文化創造)

→ペットを亡くして寂しいお気持ちの方へペットポートレートをお描きしています。
詳しくは、ひらてるこホームページ/ペットポートレートをご覧ください。

ひらてるこホームページ:https://terucohira.jimdofree.com
童美連チャンネル:https://www.youtube.com/watch?v=vQeSFcIh9ns

カテゴリー: 10月, 11月, 2022年, MAYA, スケジュール | タグ: |

2022年10月17日(月)〜10月29日(土)
軽部武宏展「彷徨うものたち」

土曜・最終日は17:00まで。日曜休廊。

©️ Takehiro Karube

©️ Takehiro Karube


人が全くいない森の奥深く
目を閉じて耳を澄ます
濃厚な花の匂いをゆっくり吸って吐く
鼻先に全ての意識を集中させる
もう少しで瞑想状態に入る
その時いつも何故か幼少期の記憶と
動植物の気配が混じり合ったビジョンが
ゆらゆらと浮遊し漂い始める


そんな『彷徨うものたち』の片鱗を
掴み取ってキャンバスや紙に定着してみました。


新作のペインティングとドローイングを展示します。



1969年、東京都に生まれる。画家。
第2回岡本太郎記念現代芸術大賞展出品。個展、グループ展にて作品を発表している。
『のっぺらぼう』(杉山亮・作、ポプラ社)で第16回日本絵本賞及び読者賞、
『ばけバケツ』で第23回日本絵本賞受賞。

主な絵本の作品に『いいないいなこのおうち』『いいないいなあのおうち』(ともに小学館)、『おたまさん』『こっそりどこかに』(ともに長崎出版)、『ちょうつがいきいきい』(加門七海・作、東雅夫・編、岩崎書店)、『まんげつのこどもたち』(イースト・プレス)、『大接近!妖怪図鑑』『大出現!精霊図鑑』(ともにあかね書房)、『ながぐつボッチャーン』(WAVE出版)、『ひみつだからね』(偕成社)ほか多数。

カテゴリー: 10月, 2022年, MAYA, スケジュール | タグ: |

2022年10月3日(月)〜10月15日(土)
五月女ケイ子展「野望」

土曜・最終日は17:00まで。日曜休廊。

©️ Keiko Sootome

©️ Keiko Sootome


明日のことを考えてやめておく夜のケーキ。


言いたいけれど言えずにたまっている言葉。


やりたいことがやりづらい時代でありますから


みんなの心の中に、いつもこっそり眠っている野望を


絵にしてみることにしました。


ほんのちっぽけな野望でも、


心にあれば、無敵になれる。


NO YABOU


NO LIFE !


☆10/3発売の新刊「桃太郎、エステへ行く」をサイン入りでお求めいただけます!☆


イラストレーター、コラムニスト、脱力劇画家、役者的活動。
山口県生まれ。横浜育ち。大学卒業後、独学でイラストレーターに。
イラストを担当した『新しい単位』(扶桑社刊)が30万部を超えるベストセラーとなりアジア各国でも発売。図工の時の画材で描くそのイラストは、一度見たら忘れられないインパクトと脱力感がある。その後、様々な媒体でイラストを放出中。2013年リリースされたLINEスタンプもその独特なタッチとシュールさで海外でも大人気に。2018年には台湾で大規模な展覧会『五月女桂子的逆襲』を開催する。著書に、作品集『五月女ケイ子ランド』(宝島社刊)、『乙女のサバイバル手帖』(平凡社)、『古事記』を大胆に脚色し漫画化した『五月女ケイ子のレッツ!!古事記』(講談社)など。また『親バカ本』(マガジンハウス刊)など、子育てをテーマにしたものも多数。
https://twitter.com/keikosootome
https://www.instagram.com/keikosootome

混雑が予想されるため、初日(3日)のみご予約制とさせていただきます。

初日以外はご予約の必要はありません。混み合った場合は入場をお待ちいただくこともあります。

◯1枠 45分/6人迄
メールでご予約のうえ、お出かけください。
(ご予約がない場合は、ご入場をお断りすることもありますのでご注意ください。)

◯ご予約方法
受付開始:2022年9月23日(金)13時〜
galleryhousemaya@gmail.com


以下をお知らせください。
・メールの件名:五月女ケイ子展予約
・お名前(フリガナ)/1メールにつき1名様まで。
・お電話番号/当日ご連絡可能な番号でお願いします。
・ご希望のお時間/第1〜第3希望までお知らせください。
 ①12:00〜 ②13:00〜  ③14:00〜 ④15:00〜 ⑤16:00〜 ⑥17:00〜 ⑦18:00〜


◯作品のご予約について
・初日は、お一人様につき1点のご予約でお願いいたします。
・複数の作品をご希望の場合
 4日(火)以降にお出かけいただくか、メールでご対応させていただきます。

ご希望の時間のご予約がとれない場合もありますので、ご了承ください。
受付が完了しましたら折返しご連絡をさせていただきます。


◯こちらの情報は更新してまいります。状況によっては変更することもあるかもしれません。
MAYAのSNSでもお知らせいたしますので、合わせてご確認ください。


◯当日は、マスクの着用と、ご入場の際の手指の消毒をおねがいいたします。
(MAYAの「新型コロナウイルス感染症への対策」については コチラをご覧ください。)


ご面倒をおかけいたしますが、どうぞご理解ご協力のほど、よろしくおねがいいたします。

カテゴリー: 2022年, 9月, MAYA, スケジュール |

2022年10月10日(月)〜10月15日(土)
PEACE CARD 2022 東京展

@ MAYA2

©️ peace card tokyo

©️ peace card tokyo

誰でも無料で参加できる’平和の絵はがき’『peace card 東京展』。
3年ぶりに北青山のmaya2で開催いたします。
会場宛に、自作のピースな絵はがきをお送りください。届いたカードはすべて展示に加えられます。


今年2月のロシアの軍事侵攻から、ロシア・ウクライナの戦争が起こり、世界の中にもいまだ紛争が続く国や地域が存在します。


戦争は、国家や体制の名のもとに市民・風土に犠牲を強いるもので、そこに勝者はありません。


35年目となるピースカード展は、生命を尊び、一刻も早く戦争がなくなることを願い、
今年も平和の現場から平和の価値を発信したいと思います。
誰がなんと言おうと、平和がいちばんなんですから。


どうぞ peace cardにご参加ください。


【カード宛先】
107-0061 東京都港区北青山2-10-26 maya2 『peace card 2022 東京展』


会期:10月10日(月)~10月15日(土) 12:00~19:00(最終日17:00まで)

【同時開催原画展・参加作家】
アイバカヨ、青山タルト、綾幸子、あらいしづか、石坂香、いしみずズコ、うちのはるね、大須賀理恵、加藤由、北見隆、くまあやこ、倉谷美代子、小林洋子、小牧真子、佐々木悟郎、さわせたり、城芽ハヤト、スズキサオリ、高橋みわ、たなか鮎子、那須香莉、nemimi、ヒロミチイト、フクバリンコ、MAKOオケスタジオ、末山りん、ミネタトモコ、みやかわさとこ、桃山鈴子、やなぎさわよしゆき、ライオンサイダー、リーカオ

○届いたカードを展示の際は、ご住所など差出人の個人情報部分をテープ等で見えないよう保護します。
○会場では、感染予防対策としてマスクの着用と手指の消毒をお願いいたします。
皆さまのご理解ご協力をお願いします。

PEACE CARD 東京展WEB
PEACE CARD Facebook

カテゴリー: 10月, 2022年, MAYA, スケジュール | タグ: |

2022年9月26日(月)〜10月1日(土)
山口鈴音展「秋の声」

©️ Suzune Yamaguchi

©️ Suzune Yamaguchi

聞こえてくる音に、風に、景色に… 過ごす日々に少しづつ秋を感じる今日この頃。
秋を一緒に感じていただけたらと思います。


山口鈴音artistページ

カテゴリー: 10月, 2022年, 9月, スケジュール | タグ: , , |