山福朱実

福岡北九州・若松の小さな印刷屋に生まれる。 1981年に上京、1986年頃よりイラストレーションの仕事をはじめ、2004年に木版画制作に着手。 主な木版画絵本は『ヤマネコ毛布』(復刊ドットコム)、『砂漠の町とサフラン酒』(小川未明 作・架空社)、『ぐるうんぐるん』(農文協)、『きたかぜとたいよう』(蜂飼耳 作・岩崎書店)、物語の挿絵として『水はみどろの宮』(石牟礼道子 作・福音館書店)などがある。 東京や神奈川での35年の生活を経て2017年に北九州にUターン。現在は生家である山福印刷の工場の一部をアトリエ『樹の実工房』とし、装丁・挿画、個展やグループ展への参加、ライブ活動などを中心に様々な分野で活動中。
https://nekoyanagioffice.wixsite.com/kinomikoubou

¥16,000(税別)
¥16,000(税別)
¥18,000(税別)