木内達朗

1966年東京生まれ。国際基督教大学教養学部生物科卒業。材料が安いから君はこれにしなさいと言われ、ゴキブリを飼育して卒論を書く。生物学における理想と現実のギャップに憮然として渡米。イラストレーションの勉強を始める。アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン、イラストレーション科卒業。二億枚刷られたというイギリス・ロイヤルメールのクリスマス切手、世界中の店舗にて展開されたスターバックス・ホリデーキャンペーン、ニューヨーク・タイムズ、ボストングローブ、ワシントンポストなどのイラストレーションを手がける。2013年にはアメリカのGolf Digest誌より依頼され、オーガスタに赴き一週間滞在して取材、帰国後イラストレーションの制作をする。2018年にはサッカー・ワールドカップ・ロシア大会にて各会場のビッグスクリーンに放映されるFIFA公式のSNSプロモーション用アニメーションを制作。他に雑誌挿絵、池井戸潤氏の半沢直樹シリーズ、下町ロケットシリーズを含む書籍装画、絵本など多数。マンガ作品に「チキュウズィン」がある。ブラティスラヴァ世界絵本原画展、ボローニャ国際絵本原画展入選。講談社出版文化賞さしえ賞受賞。ソサエティ・オブ・イラストレーターズ/金メダル・銀メダル。東京イラストレーターズ・ソサエティ会員。イラストレーション青山塾講師。ペンスチ主宰。

http://tatsurokiuchi.com/

¥80,000(税別)
¥80,000(税別)