早川世詩男展「そらへ」

2019年4月22日(月)〜4月27日(土)
yoshio_h

早川さんがMAYA装画コンペで審査員賞を受賞されたのは2013年。
その直後には第30回 ザ・チョイス年度賞…と注目を集め、いまや装画や挿絵で大活躍されています。
4年ぶりの個展が開催されました。

© Yoshio Hayakawa

© Yoshio Hayakawa

最近のお仕事の原画と描き下ろし作品が1/2ずつという構成。

© Yoshio Hayakawa

© Yoshio Hayakawa

早川さんの作品はいつもクリアなブルーが印象的。
今回は特に、季節に合わせて気持ちの良い青空が描かれた絵が並びました。

yh_6

こちらは「それぞれの…」というタイトルの連作。

「それぞれの…」© Yoshio Hayakawa

「それぞれの…」© Yoshio Hayakawa

老若男女、原始人、モンスター、地底人、未来人、AI、昆虫…
いつの時代も、どんな状況の、誰の頭上にも、空は平等に広がっているというテーマで描かれました。

「それぞれの…」© Yoshio Hayakawa

「それぞれの…」© Yoshio Hayakawa

筆致の見えない美しい画面は、プリント作品かと思われることが多いのですが、すべて手描きによるもの。
アクリルガッシュと、ニュアンスのある線はGペンや丸ペンを使用してインクで描かれています。

「brand new way」© Yoshio Hayakawa

「brand new way」© Yoshio Hayakawa

もともとSF小説が好きで、装画コンペ受賞作は星新一「ようこそ地球さん」。
その後「きまぐれ体験紀行」で星さんの装画の依頼があったときは本当に嬉しかった!とおっしゃいます。
最近は児童文学やミステリ、実用書…とフィールドが広がりつづけている早川さんの今後の活躍をどうぞご期待ください!

カテゴリー: 2019アーカイブ, MAYA   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク