作家別アーカイブ: TIS

城芽ハヤト

© Hayato Jome

「はらはらと…」 はらはらと 散るひとひらに 黒髪の 落とす涙の はらはらと アクリル、キャンバペーパー/額・外寸360×435mm 作品に関するお問い合わせは、電話とメールで承ります。 メールの場合、ご返信が遅れる事も … 続きを読む

カテゴリー: MAYA | タグ: , , , |

谷口広樹

© Hiroki Taniguchi

「融通無碍」(ゆうずうむげ) 一見氣むずかしそうなこの字面と出逢ったとき、意味もわからないのになんて開放的な響きだろうと感じた。 生きているといろんなことにとらわれる。特に、経済と見栄。この二つを抑えることはとてもむずか … 続きを読む

カテゴリー: MAYA | タグ: , , , |

ヒロミチイト

© Hiromichiito

「時を刻む」 「時を刻む」という言葉は美しい。特に「刻む」の部分が好きだ。「時を刻む」という事は完結した「遠い昔」ではなく、まさに「今」を刻む事だと思う。その感じを絵で表現するには「デジタル時計」でも「長針と短針の … 続きを読む

カテゴリー: MAYA | タグ: , , , , |

くまあやこ

© Ayako Kuma

「星月夜~La nuit étoilée~」 夜のさんぽ 犬たちと 空をみあげ 瞬く星たちと 話をする 遠い昔から やってきた光に なつかしい永遠が ふと うかびあがったり のんびりとした 時間が ひろがっていく 今夜も … 続きを読む

カテゴリー: MAYA | タグ: , , , , |

井筒啓之

© Hiroyuki Izutsu

「時代は変わる」 ボブ・ディランの”The Times They Are a-Changin”の邦題だけど、 元々はケネディ大統領の演説がヒントになっている。 ピーター・ポール・アンド・マリーがこの曲をカバーしているけど … 続きを読む

カテゴリー: MAYA | タグ: , , , |

井筒りつこ

© Ritsuko Izutsu

「君影草」(きみかげそう) 君影草は白い花 連なるさまが飴のよう 花が終われば実をつける 赤い実たくさんおいしそう けれど食べてはいけないよ 可愛いけれど毒がある 素手で持つのもいけないよ 花のときにも毒がある (君影草 … 続きを読む

カテゴリー: MAYA | タグ: , , , |

中村幸子

© Sachiko Nakamura

「獣のように」 ボールペン、薄墨/額・外寸350×425mm 作品に関するお問い合わせは、電話とメールで承ります。 メールの場合、ご返信が遅れる事もございますので、ご了承くださいませ。 galleryhousemaya@ … 続きを読む

カテゴリー: MAYA | タグ: , , , |

篠崎三朗

© Mitsuo Shinozaki

「はなむけ」 旅への出発や、人生の門出に贈る言葉で、 紀貫之の「土佐日記」にも使われていたという古くからの言葉である。 旅に出る親しい人との別れぎわに目的地の方向に 「馬のはなをむける」という使い方をしてたとのこと・・・ … 続きを読む

カテゴリー: MAYA | タグ: , , , |

佐々木悟郎

© Goro Sasaki

「間」(ま) 日本の「間」という言葉には様々な意味があり、そのニュアンスは微妙で複雑だ。空間としての 間は転じて部屋の意味になり、「間がいい」といえばそれはタイミングを示すし、「間が空いた」と なれば時間や距離をさす。 … 続きを読む

カテゴリー: MAYA | タグ: , , , |

網中いづる

© Izuru Aminaka

「あお」 子どものころ、緑のことを「あお」というのが不思議でした。 そして青や緑は男の子の色、桃色は女の子の色と思っていたので、 あお虫みたいな色の靴を履かされて不満だったことを覚えています。 青も緑もいまは好きな色です … 続きを読む

カテゴリー: MAYA | タグ: , , , |