装画コンペ Vol.18 応募要項


【テーマ】
好きな本の装画を自分のイメージで描く。
この場合の「装画」は、ブックカバーのための「イラストレーション」とお考えください。
作品中にタイトル、著者名などをデザインする必要はありません。

【課題作品】
下記のいずれかを最低1冊入れてご参加ください。
2点以上でご参加の場合、他の出品作は好きな本をご自由にお選びいただけます。

*小説
「一房の葡萄」(有島武郎) 「猫町」(萩原朔太郎)
「ロボット」(カレル・チャペック) 「女の一生」(ギ・ド・ モーパッサン)

*児童文学・童話
「白雪姫」(グリム兄弟) 「長靴をはいた猫」(シャルル・ ペロー)

*時代小説
「人斬り半次郎 幕末編」(池波正太郎) 「本所しぐれ町物語」(藤沢周平) 「天守物語」(泉鏡花)

*エッセイ・随筆
「センス・オブ・ワンダー」(レイチェル・カーソン)

【審査員】
アルビレオ (西村真紀子・草苅睦子/ブックデザイナー)
2008年8月設立。主な仕事に『怪談えほん』シリーズ(岩崎書店)、『ランチのアッコちゃん』(双葉社)、『フランス人は10着しか服を持たない』(大和書房)、『なつみはなんにでもなれる』 (PHP研究所)、『宮沢賢治コレクション』シリーズ(筑摩書房)、 『絵物語 古事記』(偕成社)など。

坂野公一 (グラフィックデザイナー/装幀家)
1970年兵庫県出身。神戸芸術工科大学卒業。杉浦康平氏に師事の後2003年に独立しwelle designを設立。文芸小説、とりわけミステリ小説の装幀をメインに活動中。「水木しげる漫画大全集」(講談社)や島田荘司、京極夏彦、道尾秀介、辻村深月、平山夢明作品の装幀を多数手がける。推理作家協会会員。

柳川貴代 (グラフィックデザイナー)
1965年生まれ。印刷会社、広告デザイン事務所を経て91年株式会社工作舎に入社。98年有限会社フラグメントを共同設立。主に書籍の装丁やエディトリアル・デザインを手掛ける。装丁の仕事に「ラピスラズリ」山尾悠子、「こちらあみ子」今村夏子、「辺境図書館」「U」皆川博子、『泡坂妻夫引退公演』、『定本・夢野久作全集』(全8巻)などがある。

大矢麻哉子 (ギャラリーハウスMAYA)
1987年ギャラリーハウスMAYAを設立。2001年より毎年「装画を描くコンペティション」を開催。

【賞】
グランプリ受賞者は、2019年2月ギャラリーハウスMAYAにて個展
準グランプリ+審査員受賞者は、同時期MAYA2にてグループ展

MAYAウェブサイト内artistページに各受賞者ページ作成(後に作家自身による更新も可能)など仕事面のバックアップに努めます。 

*受賞者展期間中、入賞者と入選者、審査員との懇親会を開催いたします。プレゼンテーションの機会の一つとお考えください。

【著作権】
本人に帰属

【資格】
不問

【作品】
●課題作品1点を含め、1人4点まで。

●B3(364 × 515mm)以内のサイズで、額装不要。
保管の都合上、規定内のサイズ(台紙含む)でお願いいたします。

●画材、技法は自由。(立体作品は不可。但し、撮影後プリント等であれば可)

●作品の裏には、必ず以下明記してください。(応募票のコピー貼付でも可)。
(1)お名前 (2)本のタイトル (3)著者名

【審査・発表】
審査後、グランプリ、準グランプリ、各審査員賞受賞者には電話で連絡。(2018年8月上旬予定)
その他の方には搬出時に通知。8月中旬から末にMAYAホームページでも発表します。

【応募料】
¥2000  1点増えるごとにプラス¥1000 一人4点まで。
(ex. 4点出品の場合は¥5000となります。)

【作品の保護】
●作品には必ず、アセテートフィルムや透明ビニール等をご使用の上、
各自で保護を行ってください。
審査の際は、お預かり時の状態のままで作品を拝見いたします。
(トレーシングペーパーなど不透明なものは不可)

●小作品や薄い紙に描いた作品は破損紛失防止のために
必ず台紙(B3以内)をつけて保護をしてください。

●作品の扱いには十分気をつけますが、万一破損汚損した場合はご容赦願います。

【作品搬入出】
●直接搬入
2018年7月28日(土)、29日(日)、30日(月)のいずれかの12:00〜7:00pmの間に、
応募票を持参の上、直接ギャラリーへ搬入してください。
応募料はその際にお支払いいただきます。


●郵送による搬入

同年7月20日(金)〜30日(月)の期間内必着で、応募票を同封の上、郵送してください。
応募料は「書留郵便」もしくは 「定額小為替」(作品,応募票との同封可。受取人欄は無記入でお願いします)で7月29日までにお送りください。


●直接搬出

同年9月13日(木)〜23日(土)(16日の日曜は除く)の12:00〜7:00pmの間に
ギャラリーへお出かけください。


●郵送による搬出

搬入時に必ず「着払い伝票」と梱包材料を同封、またはご持参ください。
その際、着払い伝票の返送先にはご自分の住所を、依頼主欄にはギャラリー住所をご記入ください。
返却をお急ぎの方は郵送の搬出を指定ください。(8月末〜9月初旬のご返却となります。)


●期間内の搬出が無理な方、もしくはプリント作品などで返却ご不要の方

搬入日または搬出期間内に必ずお申し出ください。
一ヶ月を過ぎてもご連絡のない場合、作品は処分させていただくことになりますのでご了承ください。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
E-mail:galleryhousemaya@gmail.com