花井正子

 

P1020536

花井正子 Masaco Hanaii 

名古屋市在住
電子book「adagio 花井正子が描く紀州」maya tres
画文集「ワタシ ハ アナタ ヲ     マッテ イタ」角川春樹事務所
画 ・後書き「トルコ幻想」三修社

 

HP   soyhana.jimdo.com
mail soyhana@mac.com

使用画材, 技法:パステル、クレセントボード
キーワード:風景、デジャヴ

 

・・・あかるい 虚無

 

・・・黙して 近づいて きて  狂(フ)れなが ら   遠ざかっ て いった

 

・・・色  っぽい こと・・・色  を  塗  る・・・と いう  の  ハ

 

・・・陽 炎 の  中  で・・カタ ン・・と   音が   し て
道 の 影   が    30 度     傾い た 気が  した
・・・ザラリ・・・と した リアリ ティー が あっ た

 

・・・空 の 果  て     だ け      あ かる  い

 

・・・こんな に つめたく  咲き きる事  が・・・

 

・・・夜 気  が  たち こめ て
点 滅 する  信号   の
なん て  酷薄 な   こと だ ろ  う

 

・・・痴 の  あ かる さ

 

・・・落日の緋色 は  赤イ ビー玉 を  奥歯 で   ガリ リ・・・と  噛ミ   砕   イタ  色

 

・・・灼 け た   広 い 往 還    に   ヒトガ  イナイ・・・な つか しい ・・        この先 に  発 電所    と    鉄 塔    が        あ る

 

・・・蛍光灯 の  白い光 を  浴びてBは しーん と した

 

・・・絶対に 取り返し ガ つかない・・・深 い 奈落・・・(の 感覚) を     ヒト は 本能的 に わかっ て いて・・・ どう か まっとう に      生きたい・・・と ねがう

 

・・・夕立 が  あがった
なに か  さびし い  なつか しい  かんじ

 

・・・歴史 ト 体温 ト 沈黙 ト血

 

・・・キタイ しない  澄んで いる

 

・・・夜の 闇 の  気がとおく なりそう な  なまめ かしさ が
無防備 な  心 を  乱 す

 

・・・町 の 中心 なの に・・・なにか もうひとつ・・・影 が うすい うす    いの に・・・ぬる い 体 温・・・が ある ので よるべない・・・昏い安   堵・・・が こみあげる

 

・・・曖昧 な 記憶・・・若いころ の 母や 祖母や  父の 顔・・・とうの 昔   の・・・さび しい 光・・・いとなみ の かな しみ  と   平 穏

 

・・・町に ただよう この 突き放し 感・・・は

 

・・・太古に・・・人の心根に・・・自然の荒い包容に・・・静脈を流れる血の赤      に・・・夜の空をうねる大河に・・・歴史に・・・母のいとなみに・・・静寂     に・・・・・対する 幼い さびしい なつかしさ

 

・・・こんな に 惹 かれていても  知るほど  に  カオスの 中 で   さま よ う

 

・・・t ri p どろり と  熱い 芯 が とろ けた・・・やるせ な い dejavu

 

・・・過 剰       す  ぎ       て    ナ  ニ   カ      ガ     タ  リ ナ     イ

 

・・・臨 海 の  こんな    人工の光  を   虚   と いうが    虚 ハ    実  は ホント     ウ・・・非日常 を ふらりふら り  往来して ノーリに   浮かぶ こと  は・・・ドンナコ トモ すべて     虚 で ホントウ

*虚構 事実ではない事を、事実らしくつくりあげること。つくりごと。

 

・・・さざ な み   そう いう 旅・・・彼岸・・・狂・・・恍惚・・・彼 岸

 

・・・欠   伸・  ・・を      誘  ウ・・  ・狂     気 ・ ・・

 

・・・花 び ら  の つけ根に 1滴 うすい 血紅が滲む花びら

 

・・・醒 めて も  胸 が  さ わぐ     なら こ の  まま  疼 き  を ト ジ  コ メ・・・

 

・・・なにかをひとつ 超えるごとに 風圧に 身を任せる誘惑に あらがえなくな    る・・・荷物を 全部 そこにおいて 次に行く ために・・・この緊張は・・・   最高の自由・・・・・でもある

 

・・・なにか を 予感する・・・未知のなにかに 慰撫される・・・そして なにか   に 行き着く・・・ゴーギャンの 耳には きっと 夜のしじまに遠くで うねる   太鼓の乱打の 抑揚 が    きこえ て・・・

 

・・・うつ つ  に    遠雷 を きく  どうとで も    な れ

 

 

p欠伸-28 熊野古道なかへち美術館

 

 

 

 

好きな場所
車中

 

 

 

 

DSC_0024

 

 

 

_DSC1626

 

 

_DSC1601

 

 

 

_DSC1638

 

 

_DSC0064