古屋亜見子

Amiko Furuya ふるやあみこ

blog
mail

使用画材, 技法: アクリルガッシュ、キャンバスボード、ペン、紙

キーワード:裝画、文芸、モノクローム、植物、雨、雪、夜、少女

1970年オーストラリア生まれ
子供時代をアメリカで過ごす
跡見学園短期大学生活芸術家卒業
2017年より、いたずら書きで描いていたペン画に取り組む
北見隆氏に師事

個展「イタズラゴコロ」
2018年7月2日(月)〜7月7日(土)
ギャラリーハウスMAYA
ペン画での展示になります。
ぜひご高覧ください。

在廊日:7 月2日 15時~19時
7 月5日 12時~17時
7 月7日 12時~17時

個展
1996年「記憶の回廊」 ピンポイントギャラリー(東京・青山)
1997年「漂う時間」ピンポイントギャラリー(東京・青山)
1999年「街の片鱗」ギャラリーハウス・マヤ(東京・青山)
2001年「彷徨う書物」ギャラリーハウス・マヤ(東京・青山)
2002年「at stairs」大修館書房(東京・神保町)
2004年「詩的空間」ギャラリーハウス・マヤ(東京・青山)
2007年「ルル・ベカの恋」ギャラリーハウス・マヤ(東京・青山
2009年「mistletoe」あらかわ画廊(東京・京橋
2010年「9人のローズ」ギャラリーハウス・マヤ(東京・青山)
2014年「空音 空言 sorane soragoto」ギャラリーハウス・マヤ(東京・青山)

グループ展
1998年二人展「音ノナイ対話」ペーターズ・ショップアンドギャラリー(東京・原宿)
2000年二人展「・・・・・」ギャラリー・レマ(東京・原宿)
2000年高原イラスト館八ヶ岳(山梨・八ヶ岳)
2004年「Once upon a time 昔むかし…、」ギャラリーハウス・マヤ(東京・青山)
2006年「EVER AFTER いつまでもずっと…」 ギャラリーハウス・マヤ(東京・青山)
2010年「生き物のいる絵展」あらかわ画廊(東京・京橋
2010年「ものがたりと猫・100展」 ピンポイントギャラリー(東京・青山)
2011年「refrain 18名のイラストレーターによるメメント・モリ」ギャラリーハウス・マヤ(東京・青山)
2012年「10人の装画家+6人の装丁家による宮沢賢治装丁展」GALERIE Malle(東京・恵比寿)
2012年「グリム童話の女性たち ーその二百年の秘密ー」ギャラリーハウス・マヤ(東京・青山)
2012年「物語の中の主人公達」ギャラリー枝香庵(東京・銀座)
2013年「DOUBLE WINDOW」 ギャラリーハウス・マヤ(東京・青山)
2014年「わたしの中の宮澤賢二」展 小田急新宿店本館美術画廊(東京・新宿)
2015年「「火の鳥とキツネのリシカ」展 GALERIE Malle(東京・恵比寿)
2015年「わたしの中の宮澤賢二」展 仙台三越本館アートギャラリー(宮城・仙台)
2015年「Good Luck Charms」 ギャラリーハウス・マヤ(東京・青山)
2016年「わたしの中の宮澤賢二」展 札幌三越本館三越ギャラリー(北海道・札幌)
2017年「nekoten ネコ展」月光荘画室2 (東京・銀座)
2017年「美しい言葉」展 ギャラリーハウス・マヤ(東京・青山)
2018年「乱歩先生とわたし」展 池袋東武美術画廊(東京・池袋)