nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image

櫻井砂冬美展「Missions/ミッションズ」

2016年5月9日(月)〜5月14日(土)

1

子どもの頃から、投げかけられたテーマを絵にするのが得意だった!とおっしゃる櫻井さん
11年ぶりの個展の今回は、櫻井さんが敬愛する5人からのミッション(自由奔放なメッセージ、歌、暗示、および洗脳、リクエスト、御託宣、文章…etc.)を描くという展示になりました。

2

中谷日出のmission
geographyと櫻井砂冬美:ご存じのように“geography”とは「地理学」という意味です。櫻井砂冬美という作家をとりまく地理的記号はどのような表現になるのだろうか?歴史的または現時代的砂冬美の心象地理学を見たい!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

3

井筒りつこのmission
動物・受胎告知・多肉植物

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

4

最相葉月のmission
『キメラの記憶』2015年11月、逆境にへこたれない精神を意味する「レジリエンス」の権威として知られるフランスの精神科医、ボリス・シリュルニク氏にお目にかかりました。シリュルニク氏はボルドーのユダヤ人一斉検挙の犠牲となり、両親をアウシュビッツで殺されました。このたび64年の沈黙を経て自身の過去を振り返った著作『憎むのでもなく、許すのでもなく』を上梓されたのですが、執筆するにあたっては、人間の記憶がいかに曖昧であるかを痛感したといいます。「私」とは私の記憶だけではなく、他者の証言や資料などを寄せ集めたキメラのようなものだと表現されました。
人の数だけ記憶があり、人の数だけ物語があります。人と人はもちろん、国と国が歴史認識で対立するのは当然です。だからこそ一歩でも近づけるようできるだけ多くの事実を集め、検証し、互いに歩み寄らなければならないのです。どんなに時間がかかっても……。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

5

榎本了壱のmission
「澁澤龍彦 – ねむり姫」 + 「立ったまま忘れ物してる砂時計」

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

6

中ザワヒデキ氏のmission
命題A: これは、櫻井砂冬美の新作である。
命題B: これは、櫻井砂冬美の代表作である。
ミッション: 命題Aかつ命題Bを満たす作品の制作展示。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

投げかけられたミッションを懐深くキャッチし、軽やかにそれぞれの彩りで応える櫻井さん。
イラストレーターとして活躍し続ける櫻井さんの揺るぎない力を感じる一週間でした。

http://www.tis-home.com/satomi-sakurai

カテゴリー: 2016アーカイブ, MAYA | タグ: , |

大澤ゆかり展「粘土と布でつくるおとぎ話の世界」

2016年4月25日(月)〜4月30日(土)
osawa

ずっと平面のイラストレーションを描いていた大澤さん
一年ほど前から制作し始めた立体作品での初めての個展です。

IMG_5603

子どもの頃に大好きだったおとぎ話の世界を、粘土フェルトなどのを使って表現。

IMG_5600

『赤毛のアン』『不思議の国のアリス』『ジャックと豆の木』『かさじぞう』『花咲じいさん』『親指姫』『ブレーメンの音楽隊』『さるかに合戦』『長靴をはいた猫』『ロミオとジュリエット』『星の王子さま』『赤ずきん』

IMG_5598

日本と世界の名作童話が、素朴なレリーフとなって並びました。

カテゴリー: 2016アーカイブ, MAYA | タグ: , |

2016年5月30日(月)〜6月4日(土)
山本亜貴子展「クレイドール 10cmの世界」

© Akiko Yamamoto

© Akiko Yamamoto

粘土をこねてから、17年…。
和菓子屋の孫として生まれたからか、手触りのよい粘土の感覚が好きで
いまだに飽きずにこねてます。
東京での個展は10年ぶり(だと思う)。
よかったらお立ち寄りください。

1971年生れ、京都精華大学卒業。
テディベア専門雑誌編集の仕事の為、3年間イギリス、ウェストサセックス、ステイニングという村に滞在。
イギリスで粘土アニメをたくさん観て、立体制作がしたくなりました!というワガママな理由で退社。
帰国後に、さっそく立体制作をスタート。
仕事は広告(企業イメージキャラクター、CM、企業販促など)、雑誌挿絵、表紙、著者本など。

カテゴリー: 2016年, 5月, 6月, MAYA, スケジュール | タグ: |

2016年5月23日(月)〜5月28日(土)
たなかみか展「あのころ」

© Mika Tanaka

© Mika Tanaka

知らない町、知らない人。いつかどこかで見た記憶。
懐かしいような、初めて見るような。
そんな「あのころ」を思わせる景色を切り取りました。
どうぞお越しくださいませ。

1983年 大阪府生まれ。
グラフィックデザイナーを経て、フリーのイラストレーターに。
現在は雑誌の挿絵、装画などを手がけています。
風景、乗り物(特に電車)などを好んで描いています。

たなかみかartistページ

カテゴリー: 2016年, 5月, MAYA, スケジュール, 今週の展示 |

GW休廊のおしらせ

.
休廊

2016年5月9日(月)〜5月14日(土)
櫻井砂冬美展「Missions/ミッションズ 」

カテゴリー: From MAYA, MAYA |

古川じゅんこ展「青い雪」

2016年4月18日(月)〜4月23日(土)
junkofurukawa

陽射しが気持ちの良い春の一週間、古川じゅんこさんの展覧会を開催いたしました。

© Junko Furukawa

© Junko Furukawa

展示したのは森久美子さんの小説「青い雪」の挿絵。
2014年10月から一年間、日本農業新聞で連載されていたものです。

© Junko Furukawa

© Junko Furukawa

鉛筆で描かれた挿絵原画303点から選んだ110点と、小説のイメージを色鉛筆と水彩で描いた新作6点を展示しました。

13006650_1014574781911417_6518393698376404553_n

北海道北東部の農村に住む主人公・美紀子が中学3年生だった1964年。
東京オリンピックが開かれ、誰もが日本の明るい未来を夢見ていた。
卒 業50年目のクラス会を機によみがえる切なくも楽しい青春の思い出。
初恋の人との再会を通じて、美紀子が気づいた大切なものとは―

© Junko Furukawa

© Junko Furukawa

10代だった主人公が60代になるまで…という長い年月のお話だけにその時々の流行などの時代考証が難しかったそうで、著者の森久美子さんの昔の写真やお話を参考にされたとおっしゃいます。
オープニングには札幌から森さんも駆けつけてくださり、楽しいお話をお聞かせくださいました。

© Junko Furukawa

© Junko Furukawa

落ち着いた清潔感のある表現、そして柔らかな余韻の残る古川さんの作品でした。

http://furujun.jimdo.com

カテゴリー: 2016アーカイブ, MAYA | タグ: |

りきしの春と本秀康の絵本展

2016年4月11日(月)〜4月16日(土)
motosan

イラストレーション、マンガ、音楽…と幅広いジャンルで大活躍の本さん
今回は、その中から『絵本』をテーマにした展示をご覧いただきました。
(本さんの胸元にレコスケくんがちらり!)

moto1

展示は最新作『りきしの春』を中心に。
あかね書房からシリーズで刊行されている「古典と新作らくご絵本」からの一冊です。
お話は春風亭昇太さんによるもの。

moto_2

りっぱな横綱をめざして日々けいこにはげむ小学生のたかのつめくん。たくさん食べて大きくなって、まげも結って気分はすっかりお相撲さん。そんなたかのつめくん、今度の参観日にクラスを代表して作文を読むことになりましたが…ご存知、春風亭昇太の爆笑新作落語を人気イラストレーター・本秀康が絵本化!!(「BOOK」データベースより)

主人公の たかのつめくんを始め、登場するキャラクターの一人ひとりがとびきりチャーミングでユニーク。
ページを捲るたびに噺家さんの声が聞こえてきそうなとっても楽しい絵本です。

© Hideyasu Moto

© Hideyasu Moto

他に、『ちきゅうのへいわをまもったきねんび』(岩崎書店)『おしりとり』(長崎出版)の原画、
そして既刊の絵本の世界を描いてくださった新作が並びました。

© Hideyasu Moto

© Hideyasu Moto

まじかるきのこさん』『まじかるきのこさん きのこむらはおおさわぎ』(イースト・プレス)もたっぷりと!

moto4

更に『へんなあさ』(作・笹公人 /岩崎書店)、『とりかえちゃん』(作・加藤志異/文溪堂)、『クッツケロ』(作・加藤志異/学研教育出版)などなど本さんの絵本キャラクターが勢揃い。
大人も子どもも思わず笑顔が溢れる、Happyなムードに包まれた一週間でした。

カテゴリー: 2016アーカイブ, MAYA | タグ: , |

2016年5月16日(月)〜5月21日(土)
遠藤拓人挿絵原画展「竜は動かず 奥羽越列潘同盟顛末」

© Takuto Endo

© Takuto Endo

2014年〜2015年にかけて東奥日報、千葉民友ほか地方紙各紙に掲載された、上田秀人氏の新聞連載小説『竜は動かず 奥羽越列潘同盟顛末(全380回)』の原画展です。挿絵とともに下絵等も展示させて頂きます。

1979年生まれ。東京工芸大学大学院修了、セツ・モードセミナー修了。 第4回装画を描くコンペティションMAYA賞、第25回グラフィックアート「ひとつぼ展」入選、他少々。個展・グループ展多数。書籍の装画・挿絵を中心に活動。今春より地方紙各紙に掲載される、木下昌輝氏の新聞連載小説『秀吉の活』の挿絵を担当する。東京大学東洋文化研究所協力研究者、歴史文化工学会理事、東京工芸大学助教。

■http://www.artakuto.com/
■遠藤拓人・artistページ

カテゴリー: 2016年, 5月, MAYA, スケジュール | タグ: , |

タケウマ展「イラストレーションとスケッチ」

2016年4月4日(月)〜4月9日(土)
takeuma

京都を拠点にお仕事をされていて、イラストレーターユニット” なりゆきサーカス ” 所属。
タケウマさんの東京では初めての個展です。
MAYAとMAYA2で2つのタイプの作品をご覧いただきました。

「red」© Takeuma

「red」© Takeuma

MAYAでは、アイデアを盛り込んだコンセプチュアルなイラストレーションを。

「Stapler」© Takeuma

「Stapler」© Takeuma

一見してわかりやすく色彩豊かな楽しい作品は、海外での評価も高く、雑誌の挿絵や広告のお仕事を手がけられることも多いようです。

「departure」© Takeuma

「departure」© Takeuma

京都スケッチ部を主催するタケウマさん。
MAYA2では「描きたいときに描きたいものを描いた」膨大なスケッチから選りすぐった作品を展示しました。

© Takeuma

© Takeuma

壁面だけでなく、450ページほどのスケッチブック9冊、250ページほどのスケッチブック3冊も!

© Takeuma

© Takeuma

搬入日の翌日には、東京秋葉原でのスケッチ部を開催。
下のような風景画の他にも、メイドさんをモデルに描かれたそうです。

© Takeuma

© Takeuma

会期中もギャラリーでスケッチしていたタケウマさん。
描くことが楽しく、描かずにいられない…という様子が強く伝わる圧倒的な作品群をご覧いただきました。

http://studio-takeuma.tumblr.com

カテゴリー: 2016アーカイブ, MAYA, MAYA2 | タグ: |

2016年5月9日(月)〜5月14日(土)
櫻井砂冬美展「Missions/ミッションズ」

© Satomi Sakurai

© Satomi Sakurai

本展は、《榎本了壱さん、井筒りつこさん、最相葉月さん、中ザワヒデキさん、中谷日出さん—–敬愛する五人の方々にご協力をお願いし、『自由奔放なメッセージ、歌、暗示、および洗脳、リクエスト、御託宣、文章…etc.』を頂戴し、それに従い咀嚼した制作にあたる—–》つまり、ミッションを頂くという企画展です。DM、ポスターのデザインワークは、井筒りつこさん。11年ぶりの個展、ご覧頂ければ幸いです。

セツ・モードセミナー/研究科セツ・ゲリラ卒。1985年日本グラフィック展・パルコ賞、1986年日本グラフィック展・奨励賞。フリーランス。活動は多岐に渡る。個展やグループ展参加も多数。《経歴

カテゴリー: 2016年, 5月, MAYA, スケジュール | タグ: , |