nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image

2017年2月27日(月)〜3月4日(土)
mm presents 「僕らのThe Collectors」

© Kyoko Aoyama & Mami Shimazu

© Kyoko Aoyama & Mami Shimazu

mm presents 「僕らのThe Collectors」
活動30周年を迎えたロックバンド「ザ・コレクターズ」。
30年前にザ・コレクターズと出会った青山京子と嶋津まみがユニット「mm(えむえむ)」を
結成し企画するグループ展です。
カラフル&ポップそしてシニカルな歌詞の世界を32人のイラストレーターが描きます。

参加作家
mm(青山京子+嶋津まみ)
いいあい 柿崎こうこ 河合美波 川島慎平  倉谷美代子 古賀鈴鳴 小久保アケミ Coklico*雛罌粟 佐々木千絵 sayasans  城芽ハヤト 杉山美奈子  CHINATSU 谷村あかね 辻和子 津々井良 つぼいよしこ neco*  原子高志 平澤一平 ヒロミチイト フジサワミカ BOOSUKA mamama 森邦保 山口歩 山下美千代 山本祐司 吉澤つぐみ 吉田利一
(イラストレーター32名 50音順敬称略)

青山京子 http://www.kyoko-aoyama.com
嶋津まみ http://www.mamishimazu.com

「僕らのThe Collectors」facebookページ
https://www.facebook.com/bokuranothecollectors/

カテゴリー: 2017年, 2月, MAYA, スケジュール, 今週の展示 | タグ: , |

2017年3月20日(月)〜3月25日(土)
とどろきちづこ展「日々、タビビト」

© Chizuko Todoroki

© Chizuko Todoroki

この春、きりのよい年齢を迎え、子育てもきりのよい区切りを迎えました。
自分のことに向かう時間が少しずつ増え、描きたい絵が溢れだしてくるこの頃です。
タビビトは、そんな中ふと現れたのです。どんどん旅に出るタビビトを追いかけて、
まだ見ぬ世界を共に探しながら、日々描いております。
みなさまにもお見せしたく、MAYAでの個展を12年ぶりに開催いたします。
ぜひとも、自由きままに一緒に旅をしてくださると光栄です。

1967年生まれ 神奈川県在住
多摩美術大学油画科版画専攻卒業
第6回ザ・チョイス年度賞入賞
TIS会員

カテゴリー: 2017年, 3月, MAYA, スケジュール | タグ: , |

2017年3月13日(月)〜3月18日(土)
丹野恵理子・銅版画展「童話のきれはし」

© Eriko Tanno

© Eriko Tanno

童話の端の一部分。
けしてメインではないけれど、意外に美味しいきれはし部分。
甘い甘い童話のようなお話に隠れる秘密の部分・・・。
そんな世界を描いていけたらと思っています。
新旧の作品を展示致しますので、ぜひご高覧下さい。

福島県生まれ。東京在住。
パレットクラブ京都校イラストコース修了後、安西水丸塾を経て
2003年より銅夢版画工房にて銅版画を始めました。

2006年 第148回ザ・チョイス 山本タカトさん選 準入選
2010年 第170回ザ・チョイス 宇野亜喜良さん選 入選
2011年 ギャラリーハウスMAYA「装画を描くコンペvol.11」MAYA賞
2012年 丸山健二著「深海魚雨太郎の呼び声 上下」(文藝春秋)装画

丹野恵理子artistページ
HP:http://tan-no-e12.petit.cc

カテゴリー: 2017年, 3月, MAYA, スケジュール | タグ: , |

2017年3月6日(月)〜3月11日(土)
井筒啓之展「絵本と最近の仕事」

© Hiroyuki Izutsu

© Hiroyuki Izutsu

エッセイ『昼寝をするお化け』(曽野綾子/『週刊ポスト』1992〜)さし絵の日本の風景シリーズ「Don’t give up Japan」、大好評だった2014年の個展以降に描かれたものから選んだ10数点と、他にも最近のお仕事からの小品を展示します。
また、オリジナル作品として近年ライフワークのように描き続けられている、日本の文豪のポートレイトのシリーズからも一部、今回初めて原画でご覧いただきます。
作品は全て販売いたします。

昨年12月に刊行された絵本「もんだい」の制作過程もお見せする予定です。
さまざまな角度からご覧いただく「井筒啓之の世界」。どうぞお愉しみください。

1955年生まれ。香川県で生まれ東京で育つ。 1984年日本イラストレーション展入選。1998年講談社出版文化賞さし絵賞受賞。 主な仕事・浅田次郎著「鉄道員(ぽっぽや)」、酒井順子著「負け犬の遠吠え」、伊集院静著「ぼくのボールが君に届けば」柳美里著「8月の果て」、垣根涼介著「君たちに明日はない」、朝倉かすみ著「田村はまだか」のブックカバーイラストレーション。地方新聞連載 阿久悠「恋歌書き」、藤堂志津子「花婚式」、藤堂志津子「海の時計」、朝日新聞連載 柳美里「8月の果て」、毎日新聞連載津島佑子「葦舟、飛んだ」のさし絵連載。 現在毎日新聞、電気新聞にて連載小説のさし絵を描く毎日ですが、英語圏の広告の仕事にも挑戦中。TIS会員。

井筒啓之artistページ

カテゴリー: 2017年, 3月, MAYA, スケジュール | タグ: , |

中村幸子展「でんぐりがえし 5」

2017年1月30日(月)〜2月11日(土)

中村幸子さんの3年ぶりの新作展です!

IMG_0385

並んだのは、アクリル、油彩、ボールペン、鉛筆など、さまざまな画材で描かれた作品。
カラーのアクリル画は、普段から何気なく描いているスケッチを元にされたものだそうです。
モノクロの連作『eye love you』などの鉛筆画やペン画はどれも、白い紙を見つめていると浮かんでくる幻の影をとらえたものなのだそう。「オートマティズム=自動書記みたいなカンジなの」と幸子さんはおっしゃいます。

幸子さんの絵には時々「洞窟」が描かれます。今回の展示は、まさに洞窟の奥深くに迷い込み、夢を見ている心地よさにほんの少し不安感が入り混じったような、妖しく濃密な空間をご堪能いただきました。

nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image
カテゴリー: 2017アーカイブ, MAYA | タグ: , |

谷口広樹展「儘花 -mama-hana-」

2017年1月16日(月)〜1月28日(土)

こちらでは2年ぶりの谷口さんの個展でした!
テーマは前回に続いて「花」、谷口さんにとって「永遠のテーマ」なのだとおっしゃいます。
MAYA とMAYA2に咲いた様々な色や佇まいの花々が、ギャラリーの2017年のスタートを飾ってくださいました。

nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image nivo slider image

IMG_0028

IMG_0049

額30×30cm、マット窓15×15cmに統一された展示、美しく鮮やかな発色は日本画材の顔彩によるものです。部分的にパステルや鉛筆、色鉛筆なども使われています。今回は白と黒を基調に色味を抑えた作品も並び、新鮮な存在感をもって大変好評でした。
すべての作品には短い言葉が添えられ、「花には宇宙が潜んでいる」という谷口さんの言葉に大きく頷きながら、小さな一点一点の画面から無限に拡がるイメージに思いを馳せた2週間でした。

カテゴリー: 2017アーカイブ, MAYA, MAYA2 | タグ: , |

2017年2月20日(月)〜2月25日(土)
山口鈴音展 「春を待つ」

© Suzune Yamaguchi

© Suzune Yamaguchi

まだ、しんしんとした寒さが訪れるこの時期。
舞う雪や澄みきった空気に冬を残しつつ、
春に向かって少しずつ変化していることも感じながら暮らしてます。
そんな日々を描きました。
是非、お越し下さい。

1990年生まれ・神奈川県在住
女子美術大学ヴィジュアルデザイン専攻 卒業
実践装画塾6期修了
第190回 ザ・チョイス 江口寿史さん審査 準入選

HP:http://yamagch.tumblr.com/

カテゴリー: 2017年, 2月, MAYA, スケジュール | タグ: |

2017年2月13日(月)〜2月18日(土)
装画を描くコンペティションvol.16受賞者展

.
個展@ギャラリーハウスMAYA

■グランプリ/木原未沙紀
http://www.gallery-h-maya.com/artists/kiharamisaki/

© Misaki Kihara

© Misaki Kihara

グループ展@MAYA2

■準グランプリ/鈴木圭
http://www.gallery-h-maya.com/artists/suzukikei/

「ガリバー旅行記」© Kei Suzuki

「ガリバー旅行記」© Kei Suzuki

■鈴木久美賞/いわがみ綾子
http://www.gallery-h-maya.com/artists/iwagamiayako/

「赤い靴」© Ayako Iwagami

「赤い靴」© Ayako Iwagami


■二宮由希子賞/岩堀敏行
http://www.gallery-h-maya.com/artists/iwahoritoshiyuki/

「人間椅子」© Toshiyuki Iwahori

「人間椅子」© Toshiyuki Iwahori


■守先正賞/原田俊二
http://www.gallery-h-maya.com/artists/haradasyunji/

「ガリバー旅行記」© Syunji  Harada

「ガリバー旅行記」© Syunji Harada


■MAYA賞/吉野くみ
http://www.gallery-h-maya.com/artists/yoshinokumi/

「ごんぎつね」© Kumi Yoshida

「ごんぎつね」© Kumi Yoshida


今回も魅力的な作家が揃いました。
受賞作品を含む新作をご覧いただきます。是非お出かけください!
Facebookページでも、これまでの受賞者のお仕事の一部をご紹介しております。

装画コンペvol.17応募要項はコチラ

カテゴリー: 2017年, 2月, MAYA, MAYA2, スケジュール | タグ: , , , , , , , , , |

中野真典 + 高山なおみ「絵とことば」

2016年12月15日(木)〜12月22日(木)

2016年MAYAの締めくくりは、中野真典さんの「絵」と高山なおみさんの「ことば」の展覧会でした。

nakanomaya

© Masanori Nakano

© Masanori Nakano

© Masanori Nakano

© Masanori Nakano

© Masanori Nakano © Naomi Takayama

© Masanori Nakano
© Naomi Takayama

MAYA2では11月に出版された絵本『たべたあい』(リトルモア)の原画をご覧いただきました。
お二人のコラボレーションによる絵本は『どもるどだっく』に続いて2冊め。

tabetaai

ブックデザイン : 大島依提亜/企画・編集 : 筒井大介(野分編集室)
この絵本、B4サイズ(開くと約360×520mm)という型破りな大きさ。
画面から溢れ出る力強い絵と言葉に圧倒されます。

その原画が並んだMAYA2はこんな感じ。

maya2l

IMG_9485

こちらもまた絵本原画という概念が軽くひっくり返されるサイズなのでした。

18日(日)の夜にはMAYA2でイベントを開催。

Image-1

高山さんが語る「ことば」から誘発されて、みるみる生まれた色とかたち。
「メリークリスマス」という中野さんの一言で絵は完成しました。
ライブペインティングのあとには、ゴロッとジャガイモがはいった高山さんの牛筋カレーを。
絵本に描かれたカレーの絵を眺めながらお愉しみいただきました。

nakanotakayama

毎日がおいしくて、たのしくて。
おいしくないのも、たのしくないのも ぜんぶ、
なくなってしまうのがいやだから、たべてしまう。
女の子はなつまで、たべたった。
高山なおみ(『たべたあい』オビ文より)

カテゴリー: 2016アーカイブ, MAYA, MAYA2 | タグ: , |

MICAO展「Applique Style」

2016年12月5日(月)〜12月13日(火)

IMG_9463

装画コンペvol.7準グランプリ受賞以来、活躍目覚ましいMICAOさんの個展です。
2010年にマザーグース、2012年のグリム童話に続く今回のテーマは『イソップ物語』
MAYA2では最近のお仕事の原画をご覧いただきました。

© MICAO

© MICAO

『キツネとコウノトリ』

© MICAO

© MICAO

『塩を運ぶロバ』

© MICAO

© MICAO

『ウシとカエル』

© MICAO

© MICAO

『肉をくわえた犬』

古布や古裂と現代の洋服の端切れと刺繍を自在に組み合わせた作品。
今回は「アップリケ」をすることで表現の幅が更に拡がったようです。
制作時には絵の具やデジタルでは絶対に出せない、色、艶、風合いを生みだす布には魔法があると感じるとMICAOさん。
いずれ今回展示したものを作品集としてまとめたいとのこと。
会期中にもたくさんのアイデアが生まれていた様子、新作と一緒に見ることが出来るといいですね!

MICAOさんの作品はartistページでもご覧いただけます。

カテゴリー: 2016アーカイブ, MAYA | タグ: , |